●クジラ博士のフィールドノート


・作品紹介

 ホウエン地方南南東の海に位置する孤島、フゲイ島。その島の海域は、世界最大のポケモン・ホエルオーの一大生息地となっている――うきくじら、そしてうきくじらに魅せられた人々が織りなす、ちょっと不思議なポケモンストーリー。 (単行本情報
・登場人物/ポケモン



・目次

カスタニ博士より

幻島
海上に浮かぶ町、キナギタウンに伝わる昔話。(豊縁昔語より)

浮鯨島観光案内
ホウエン民すらよく知らない浮鯨島、フゲイタウンの紹介。

うきくじら
どこまでも広がる雲の海で、少年と鯨はただゆっくりと進む。
空飛ぶ鯨の目的地とは、少年の行きたかった場所とは。

メロンパンの恨み
ポッポVSクジラ博士。食べ物の恨みは一生モノだ!

森と海と
ポケモン学会、新説を携えて男はその舞台に挑む。
森と海とを繋ぐ、とある未来の物語。

海上の丘にて
今日は年に一度の仕事の日。男の仕事は荷物の配達。
だが男は憂鬱だった。自分の担当がとんでもない僻地だったからだ。

少年の帰郷
離島にある実家からの突然の電話。トシハルは帰郷を余儀なくされる。
おかしな道連れも加わって、彼の帰郷の旅が始まる。

 少年の帰郷(1)
 少年の帰郷(2)
 少年の帰郷(3)
 少年の帰郷(4)
 少年の帰郷(5)
少年の帰郷(6)
少年の帰郷(7)
少年の帰郷(8)
少年の帰郷(9)
少年の帰郷(10)
少年の帰郷(11)
少年の帰郷(12)
少年の帰郷(13)
少年の帰郷(14)
少年の帰郷(15)
少年の帰郷(16)
少年の帰郷(エピローグ)




朝霧
40年前、キナギタウン。カスタニは何故ホエルオーを追いかけるようになったのか。

トシハルより


・あとがき
クジラ博士のつくりかた



・イラストギャラリー

カスタニ博士の部屋
クジラ博士のフィールドノート
博士とダイズと
キナギの少年
トシハルのフィールドノート
ホエールウォッチング
森と海と
鯨奏
ただいま
ダイズ、メガシンカする。